神経伝達物質

2017/11/16

セロトニンにまつわる混乱に

ヒントを得ました。

 

多動衝動優位の場合は

ドーパミン+セロトニン障害、

 

不注意優勢の場合は

ドーパミン障害

 

が多いらしい。

 

http://susumu-akashi.com/2015/06/adult-adhd-2/